500文字の心臓

トップ > タイトル競作 > 正選王・逆選王 > 2018年度逆選王作品一覧


短さは蝶だ。短さは未来だ。

 魚と眠る 作者:紙男

暑苦しい夜に、寝袋型冷凍マグロ。
今なら抱き枕型冷凍マグロもプレゼント!



 テーマは自由 作者:脳内亭(仮)

                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    



 タルタルソース 作者:雪雪

文明の爛熟期においても、味をレコードすることはできなかった。サーモンは滅び、サーモンの味は復活していない。
不満足な昼食の後、研究室に戻ると机の上に調味料の瓶が立っていた。ラベルにマジックで「電報」と書いてある。かわいい字だ。
謎かけが好きな復活技師の娘から、次に誰をやるかの報せだろう。

前回ガロアをやった間宮はエルデシュを。宝井とカシュカナンは協力して、津々見が前回失敗したウィトゲンシュタインを。津々見はリベルタリアのキャプテン・ミッションをやると報告を受けていた。
瓶で報告してきた樽田は、前々回私を復活させた当人である。謎はすぐに解けた。彼か。私と噛み合わせようということか。
復活者には母語補正付きで日本語が刷り込まれる。彼と私の間には未決着の問題がいろいろあるけれど日本語で話せば、思わぬ筋道にしけこむこともできよう。

地球上に林檎の虫喰い穴のように残った、かすかな、しかし最大の文明圏である日本に、歴史上の叡智が集められている。集められた側の私が言うのは不遜だが。
ノックの音がした。
樽田は天才だ。仕事が早い。
ノックの音色だけで懐かしい彼の来訪を確信したが声を聞いて確信するのとほぼ同時だった。
「いるのか。ヴォルテール」